痩せたければ、肝臓活性化!!

こんにちは、冷たい雨が降ってますね~

さあ、夏に冷やしすぎてる方は気を付けてください

人間も動物です。秋から冬にかけて本能的にため込みやすい(貯蓄しやすい)季節になります。

前回に続き、痩せやすい体つくり・・・

実は・・・私自身も感じていることです。

50歳を迎えて、下腹のポッコリ感

え~~~~もちろん自制したりはしてますが

女性ホルモンの低下もあって体は変わり始めます。

なぜ?肝臓を取り上げたのか

それは、私自身が感じているからです。

・痩せにくくなってきたこと

・1杯のワインで脂汗がでてくる

肝臓とは体の解毒をする工場です。アルコールの分解ができないというのは

肝臓の機能低下につながっているからです。

今までの方法で瘦せにくくなっているのも肝臓の低下が関係しているからなのです。

少し長くなります。

~肝臓活性化~

肝臓とは、有害物を分解して無毒化し尿や胆汁から体外へ排出する。

この肝臓の解毒機能を低下させるのが・・・

・アルコール

・甘い清涼飲料(ブドウ糖果糖液)

これは肝臓で80%ほど脂肪にかわり、溜まりすぎると解毒作用を邪魔をする

肝臓機能低下すると太る理由として

脂肪代謝機能が正常に働かなくなり脂肪異常(高コレステロール血症)メタボの原因になりやすい

夏の間にどんな食生活をしていたのか?

かき氷食べたな~パピコ食べたな~ジュースも飲んだな~

思い当たることたくさん!!

では、どうするのか???

肝臓活性化強化月間です~~~~~

方法については、次回をお楽しみに

関連記事

  1. アーユルヴェーダの食事、よい塩梅が鉄則

  2. 【氣を養う】エネルギー不足

  3. ワクチン未接種の方歓迎いたします。