アーユルヴェーダ食とは?

おはようございます。~~~そろそろ梅雨入りなのか???

6月6日 発酵美食マルシェ 満員御礼!!ありがとうございます。

次回は7月7日 『アーユルヴェーダ麹&ギー

ご参加お待ちしてます。

さあ、アーユルヴェーダ食とは?

どんなものを想像されますか?

□ カレー

□ スパイス

やはりカレーが多いですよね~~~

カレーって、インドではカリーと言います。

カレーという食べ物はなく、カレーはカリーがなまった語源

そしてカリーとは、汁物、スープなどを指します。

ターミル語 kari (カリ)が始まりなのです~~~~

インドの人が毎日食べるカリーは

日本でいう味噌汁的なもの!!

毎日食べることで体が喜ぶものなのです。

魔女もインドは何度も行かせていただいてますが・・・

いただく「インドは神の国、呼ばれないといけない国」なんです。

日本のカレーと違って毎日食べても『太らない』笑笑~~~~

カロリーも低いし、消化力もあり、代謝アップ、血流アップ、

何が言いたいかというと『排出する力がある食べ物』ということ

余計なものが入らないアーユヴェーダカレーをご紹介します。

そこに、日本を融合させました~~~~~

アーユヴェーダ麹 調味料として手軽にスパイスの力

排出できる体つくり』のおともにしてくださいね

さあ、今月はアーユヴェーダ食をメインにブログスタートです。

関連記事

  1. 解毒の季節到来

  2. 龍神様を作る

  3. 肝臓マッサージ