アーユルヴェーダは排出のトリートメント!!排出が必要なわけ

春は汗が臭い!!から

なぜ排出が必要なわけ???

魔女は毎日、玉のように汗をかきます。

汗をかきすぎてもダメなんです。

メリット・デメリットがあります。

排出が必要なわけ!!

私たちの体の機能として、排出ができなくなったら死にます。

尿が脳のまわれば、尿毒症になります。魔女の身内にはいましたよ(涙)

尿、便、汗、涙、唾液、粘液、すべて排出物です。

その中で現代において大切な排出が『汗』

社会毒ごぞんじですか?

便利が故に「社会毒

前回のブログでもかきましたが社会毒のおもなものは脂溶性毒と言われるもの

この分類は尿や便では排出できないのです。

アーユルヴェーダの古典には

汚れた布はない色にも染まらない

という教えがあります。

この汚れた布は私たちの体です。

どんなに良いもの食べても、どんなに良い薬をのんでも

体が毒に侵されていれば効果は半減するのです。

すべての病気は「老廃物」毒素が排出されないこと!!

体の中にできるだけ老廃物をためないことが病気にならない秘訣なのです。

そのためにできることは、排出をしっかりすること!!

汗は大切な排出の一つなのです。

ポイント!!

・ゆっくりとお風呂などで体を温める

・軽い運動をして汗をかく

暑くなるとシャワーになりがちですから

ココがチャンスなんです~~~~

汗をかきやすくなったら、しっかりと汗をかく!!

次回はなぜ老廃物が病気になるのか!!病気と陰陽の関係をお伝えします。

関連記事

  1. ウイルスを抑制させる言霊とは?

  2. はやりものに効果的⁈

  3. 『温活』