春の汗は臭い!!

4月のなかば・・・あっという間

最近は急に暑くなりました。

春の汗は臭い!!

朝のニュース「あまたつ」が話してましたが

確かに!!

冬の間は体にため込む動物類、人間も同じです。

汗腺(スロータス)のつまりが臭いの原因になることがあります。

アーユルヴェーダでは、この汗をかく(発汗)がとても大切!!

何故ならば『排出のトリートメント』だからです。

毒素を排出するには汗からが一番効果的

普段、気を付けている食事でも

脂溶性毒と言われるものを排出するには

・運動

・発汗療法(アーユルヴェーダはここ)

脂溶性毒とは

科学的物質、添加物、放射線、薬など科学的なもの

これらは体の中にたまっていくのです。

アーユルヴェーダをする一番の理由は

排出』です。

オイルを塗るだけでは排出は促せない。

汗を出すことで、スロータス(通路)の滞りをなくし

毒素を排出することが大切なのです。

根本的なことを間違えるとすべての意味が違ってきます。

アーユルヴェーダは排出が得意なトリートメントです。

なぜ?排出が必要か次回書きますね~~~~

関連記事

  1. アーユルヴェーダの食事、よい塩梅が鉄則

  2. 【お客様のお声】ご紹介

  3. ドライシンドローム”乾いてませんか?”