悪魔の病気 ~アーユルヴェーダの歴史~

アーユルヴェーダの古代哲学は5000年以上遡ること・・・

古代インダス文明のころ

モヘンジョダロの遺跡からヴェーダについたものが発見されていた

長い長い歴史の中のインド哲学は医学の始まりのものがたり

アーユルヴェーダが体系化されるまで

病気は不健全な悪霊に取りつかれることだ!考えられていました。

体が病気に侵されると、精神は現世の心配事に押しつぶされ

悟りや心身の健康が妨げれるとされていたのです。

今の世の中を見てみましょう

そのとおりですよね~

毎日のようにコロナという風邪に対して恐怖を植え付ける悪霊

そのものです。

皆様はそろそろお気づきになっていると思いますが・・・

病気になって一番厄介なのは

己に負けること

己を知らないこと

アーユルヴェーダの真の目標は

病を治す本当の治療とは自己を知ることである

常に宇宙と表現されるアーユルヴェーダの世界感の神髄は

自分の中に宇宙全体を見ると同時に

宇宙全体の中に自分をみるものは

真の知識の持ち主である」チャラカ・サンヒターより

自己を知り、自己の排出(老廃物、ネガティブ)

健康であるには・・・それが一番早い治療なのです。

関連記事

  1. こだわり麹手作り味噌会

  2. ~唱えてみよう~魔法の言霊

  3. アーユルヴェーダ食とは?生命の食事